自己破産するのは考え直しませんか?

破産するとどんなデメリット?

 

自己破産は自力で借金が返せない。これ以上は借金を引き伸ばせられない。もう限界まできている場合の最終手段です。
破産して免責を受ければ確かに、借金を返すという義務はなくなります。

 

しかし、それと同時に自由やプライドなど、人の生活において、お金には変えられない大切なものも失ってしまいます。

 

自己破産ありきで話をすすめるのは少し待ってみてください。
法律家に相談すれば、必ずあなたにあったアドバイスがもらえます。

 

匿名相談でできる無料診断

 

もし、あなたに親身になってくれる法律家がいれば、ぜひその方に相談してください。
でも、もしそうでないならば、自分に合った法律の専門家が、このサイトから探せます。

 

自分にとってどんな債務整理方法が最適なのか?
それは、法律家以外には、わかりづらいことです。

 

自己破産は、弁護士に依頼すれば、いつでも可能です。
その前に、一度、破産以外の方法を模索してみませんか?

 

自分に合った借金整理方法を探してみる

 

 

 

自己破産は知られずにできる

 

「自己破産」はできるだけ他人に知られたくないという人も多いはずです。
基本的に「自己破産」は他人に知られることはありません。ですが、同居の家族に関してだけは、隠し通すことは難しいと言えます。

 

●「自己破産」を会社に知られることはまずない
「自己破産」をしたからといって、裁判所から会社へ連絡することはありませんので、基本的に会社や同僚、上司に知られることはありません。
「自己破産」は、破産手続開始決定・免責許可の決定の際に、官報に債務者の名前が記載されることになります。しかし、一般人で官報を見る人は、ほとんどいません。
「戸籍・住民票」に「自己破産」の事実が記載されることはありませんので、ここから「自己破産」したことが知られることもありません。
ですので、「自己破産」の事実を会社に知られる可能性は、皆無に近いほどないと言ってもいいものですが、仮に知られることがあっても、「自己破産」を理由に、会社を解雇されることはありません。

 

●同居の家族に「自己破産」を隠すことは原則的に無理がある
「自己破産」をしたからといって、裁判所から家族に連絡されるようなことはありません。裁判所から送られてくる通知等はあくまで本人宛てのものになっています。
ですので、郵便物に関しては、別居の家族はもとより、同居であっても、郵便物が届くときに本人が家にいて、家族の目に触れずに受け取ることができれば、知られないで済む場合もあるかもしれません。
しかし、裁判所へは決まった日時に出頭しなければなりません。弁護士に「自己破産」を依頼したような場合には、裁判所への出頭の回数も最小限で済み、手続きについての打ち合わせも、弁護士とは携帯でやり取りすることができます。
ですので、出頭期日・時間に、裁判所に出かけることが知られなければ、家族に秘密にすることは可能です。
ですが、自己破産は、財産の整理が必要になります。
また、自己破産を申立てる際にも、裁判所が別居の家族の収入を証明する書類まで提出を求めることはありませんが、同居の家族については、収入を証明する書類(給与明細など)の提出を求めることはあります。この場合は家族の協力が不可欠になり、隠し通すことは難しいでしょう。
同居の家族がいる場合は、家族に知られないように「自己破産」することは、現実的には難しいと言えます。
家族には、「自己破産」を正直に打ち明け、協力を得て行くことが最善策と言えます。

 

もっと債務整理を詳しく知るなら

漫画で見る借金返済する方法
上記にリンクしているサイトは、借金返済に関する疑問や知識をマンガで知ることができるサイトです。(テキストをクリックすると、サイトに飛びます)
借金をしている主人公の男の子「借田金夫」くんが、厳しくも優しい美人な「弁護士先生」から借金返済や債務整理に関してのことを少しずつ学びながら借金を返済していきます。
債務整理に関して全くわからないけれど、細かい文章を読むのが苦手な人、債務整理に関する法律に関して簡単に知りたい人にとてもオススメです。