ヤミ金業者からの借金も整理できるのか?

「融資します。即日融資、ブラックOK!」なんて美味しい話は、危ないヤミ金融です。甘い審査で借りることが出来たとしても、法外に高い利息を取られるようになります。

 

そんなヤミ金業者相手に、債務整理はできないものでしょうか?

 

理論的には、利息制限法を超える利息の支払いについては、債務整理は可能です。
ですが、実際裁判所に間に入ってもらって解決しようと特別調停に持ち込んでも、特定調停は、貸した側が同意しないと成立しないことになっています。

 

ヤミ金融は、そもそも違法とわかった上でやっているのですから、おいそれと特別調停に応じる訳がありません。
それどころかどんどん取立てに絡んで、嫌がらせがエスカレートして行ったりすることがあります。

 

貸金業法では、貸金業者の次のような取立て行為は禁止されています。

●暴力的な態度をとること
●大声をあげたり、乱暴な言葉を使ったりすること
●多人数で債務者等の居宅に押しかけること
●保険金による債務の弁済を強要又は示唆するような言動を行うこと
●午後9時以降午前8時までの時間帯に、債務者に電話をかけたり、居宅を
訪問すること
●正当な理由がないのに、債務者の勤務先に電話をかけたり、訪問すること
●はり紙等で、債務者の借入れに関する事実を債務者以外の者に明らかにす
ること
●他の貸金業者から借入れて返済するよう迫ること
●債務者・保証人以外の者に対し、債務者に代わって債務を弁済することを
みだりに要求すること

と、あります。

 

しかしそもそもヤミ金融とは、国(財務局)や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者です。
登録している業者なら、違反したときには金融業者としての登録が取り消されたり、罰則が課せられたりすることになるので、たいていの業者なら貸金業法を遵守し、決して非常識な取立てはしません。

 

ですが、そもそも登録業者でない場合は、貸金業法も無視してかかる場合もあります。
基本的に、取立てに来られて、何度帰ってくれるように頼んでも、住んでいるアパートや建物の敷地から出て行ってくれないというのは住居侵入罪になりますし、アパートのドア等に金を返せと落書きすれば器物損壊罪になります。
これらは刑法上の犯罪ですから、あまりにひどければ、警察を呼ぶことになります。毅然とした態度を取ることが大事です。
そうやって追い払うにせよ、早く手を切りたいという思いで、何とか債務整理できないかと考えてしまいます。

 

しかし、10日で1割なんていう高利による貸付は、債務整理により利息部分を問題にする以前に、貸金契約全体が無効なのです。ですので元本も含めて返す必要はないのです。超高金利をとるような業者については、一切支払う必要はありません。
(参考)闇金無料相談弁護士なび

 

自宅や携帯電話に頻繁に電話をかけてくるだけではなく、勤務先に電話をかけてきたり、自宅まで押しかける、子供の学校まで連絡をするなど、相当大きな圧力をかけて支払いを求めて来られれば、ついその場しのぎで支払ってしまいがちになりますが、そんなことしていたら、味をしめられて、次の支払期日には、再び苛酷に取立てて来ます。

 

そんなヤミ金業者の圧力は大きいですから、あなただけで問題を解決することは困難ですので、早いうちに専門家に入ってもらうようにしましょう。

 

もし、都道府県に貸金業者としての届け入れをしている正規の登録業者であっても、貸金業法では前述の規定に加えて、

●弁護士・司法書士に債務整理を依頼しその旨の通知をうけているのに、それを無視して返済をするよう迫る取立て

は禁止されています。

 

弁護士や司法書士に依頼した場合は、直接に本人から取り立ててはいけないことになっていますので、その時点であなたへの取立ては止みます。

 

どの程度高利なのかにもよりますが、専門家に依頼すれば、金融業者に対し、契約そのものの無効を主張したり、あるいはグレーゾーン金利なら、任意整理をしてくれたり、ケースごとにきちんと処理してくれます。任意整理を行った場合、そこから先は利息はなくなりますから、高利からは開放されます。

 

その他悪質な取立てについても、警察への届け出や、金融庁へ報告したり・・・と、必要な処理もアドバイスしてもらえます。
その場しのぎでお金を支払うようなことをせず、一刻も早く専門家に相談するようにしましょう。

 

『自己破産以外にも債務整理はある』のカテゴリトップページに戻る

関連ページ

債務の取り立ては即日止まるのか?
債務整理を開始したとして、取立てが止まるのはいつになるのでしょうか?即日止まるものなのでしょうか。
「任意整理」におけるグレーゾーンって?
任意整理における「グレーゾーン」とはどのようなものなのでしょうか?このグレーゾーンが、過払い金の額を大きく左右します。